総合

2017年1月 1日 (日)

【総合】2017年 年初のご挨拶

まずはじめに、新年おめでとうございます。

昨年末・2016年12月29日~31日の間に開催されたコミックマーケット91に参加された皆様、大変お疲れ様でした。ならびに30日は弊サークル「夢見ル土竜」スペースへお越しいただき、新刊『有楽町線・副都心線と直通路線の非公式データブック・2016 【上巻】/【下巻】』などをお求めになった皆様には篤く御礼申し上げます。

昨年・2016年は、“5直 & Y”陣営では3月に5社一斉でダイヤ改正が行われ、速達性の高い列車に「Fライナー」の愛称が付与されるなどのブラッシュアップが図られました。4月には新宿に高速バスターミナル「バスタ新宿」がオープンし、これまで約20か所に散在していた乗降場が集約されるようになりました。オープン後、「売店がない」「トイレが少ない」など利用者からの評判は芳しくありませんが、11月に仮設の形でコンビニがようやく開業、今後もトイレの増設やコンビニの本設店舗オープン(2017年夏予定)などの改善の動きが見られており、筆者としては生暖かい目で見守っていこうかと思っております。

“5直 & Y”沿線では、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた東京ベイエリアをはじめ、池袋・新宿・渋谷・横浜など各地で行われている再開発など着目すべき要素が盛り沢山です。また、昨年は「川越まつり」と「秩父夜祭」が「ユネスコ無形文化遺産」に正式登録されたことを受け、国内・海外から注目が集まることが期待されており、川越と秩父の観光振興策にも目を離すわけにはいきません。

本年春には「西武40000系」による「横浜~秩父直通ライナー列車」(愛称未定)も運行開始され、東京メトロ副都心線や東急東横線沿線からも、西武鉄道随一の観光地・秩父へのアクセスがより一層向上することが期待されております。

“5直 & Y”関連以外では、“聖地”有明・ビッグサイトを取り巻く公共交通網のアクセスガイドや、昨秋からスタートした「新宿の現在と未来」シリーズ、また東京以外の都市への同人イベントなどの遠征記『ニシエキタエ』シリーズなどを制作致します。

※“5直 & Y”は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称。一般的には有楽町線を除外した「5直」(5社直通ネットワーク)と呼称

----------
次に、恒例の「サークルスローガン」についてのお知らせです。 昨年(2016年)は、

 『Cool Down ~一旦、立ち止まり、考えよう。~』

でしたが、本年・2017年は、以下のスローガンとさせていただきました。

 『Countering The Trends, Chasing My Favorites』

和訳すると、「流行りに抗い、己の好みを追い求める」です。過去にも何度か申し上げましたが、昨今「流行りもの」ばかりが持て囃され、本当に自分が書きたい・描きたい・読みたいものに出会える機会が失われてきているように感じております。作品の“鮮度”も年々短くなっている傾向にあります。

弊サークルでは、「本当に皆様が読みたいもの創る」ことを前提に、己の好み(ウンチク話もありますが…)を追った成果を一冊の本にまとめていきたいかと思っております。

----------
最後になりましたが、本年も弊サークルへのご愛顧ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2017年1月1日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2016年12月31日 (土)

【総合】【同人】【鉄道】C91お疲れ様でした、ならびに2016年締めのご挨拶

本日は12月31日。2016年の「大晦日」です。

12月29日(木)から本日31日(土)の三日間、“同人誌即売会の有馬記念”(う~たん個人的解釈)こと、「コミックマーケット91」(冬コミ)が開催、弊サークル「夢見ル土竜」も二日目の30日にサークル参加致しました。

新刊として、冬恒例の“5直 & Y”考察本・『有楽町線・副都心線と直通路線の非公式データブック・2016【上巻】/【下巻】』(「TEAM Y & F LINE」シリーズ・第9弾)を発行し、多くの方々のお手に取っていただきました。

弊サークルスペースを始め、委託して頂いた友人サークルと「大崎コミックシェルター」内イベントにお立ち寄り頂いた参加者の皆様や、売り子さんや設営・撤収を手伝って頂いたご友人各位、貴重なスペースを提供してくださった「みゆる~む」(二日目)・伊月様、「FORコミニケット」(三日目)・しゃー様一同、また、12/29に委託参加した「おもしろ同人誌バザール『プチ』」の企画を立ち上げていただいた「版元ひとり」の臼井総理様にはこの場を借りて篤く御礼申し上げます。

今回の感想として、ほとんどの方々が、上下セットでお求めいただいたのには驚きでした。また、12/30のサークル参加日では会場から閉会までほぼコンスタントにホール(東7ホール)が賑わっており、新刊などの売り込みに余念がありませんでした。

皆様のお手に取っていただくことで今後の活動への大いなる励みとなります。

※「TEAM Y & F LINE」 及び “5直 & Y”は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称。一般的には有楽町線を除外した「5直」(5社直通ネットワーク)などと呼称

なお、C91当日ご都合の付かなかった方々には、「COMIC ZIN」様(新宿・秋葉原での店頭/通販)、「書泉グランデ」様(神保町での店頭/通販)、「メロンブックスで」様(関東地方を中心とした店頭/通販)、「アリスブックス」様(通販のみ、海外発送可能)での書店委託も行っておりますので、併せてご利用下さい。

※イベント頒布価格(各500円)から委託手数料などを上乗せされた価格となることを予めご承知置き下さい

なお、次回の「夢見ル土竜」のサークル参加は、2017年2月12日(日)の「東京COMITIA119」(ビッグサイト)となります。

----------
話は変わり、本年・2016年の「夢見ル土竜」活動の振り返りとして、以下のイベントに直接参加致しました。

1.2月21日(日)
秋コレおかわり@ベルサール秋葉原

2.5月1日(日)
第二十二回文学フリマ東京@TRC東京流通センター
【当日は仕事のため欠席】

3.5月3日(火・祝)
資料性博覧会09@中野セントラルパークサウスコングレスクエア

4.5月5日(木・祝)
東京COMITIA116@ビッグサイト

5.6月4日(土)
第10回メイプルフェスティバル@街の駅やまなし(山梨市)

6.8月14日(日)
コミックマーケット90・三日目@ビッグサイト

7.10月23日(日)
東京COMITIA118@ビッグサイト

8.10月30日(日)
第2回 おもしろ同人誌バザール@有楽町・東京交通会館

9.11月5日(土)
WASEKET07@早稲田大学 早稲田キャンパス

10.11月6日(日)
そうさく畑 FINAL@神戸国際展示場

11.11月20日(日)
名物!てつっこ友の会 会合12@川崎市産業振興会館

12.11月23日(水・祝)
第二十三回 文学フリマ東京@TRC東京流通センター

13.12月30日(金)
コミックマーケット91・二日目@ビッグサイト

何と言っても、夏コミことC90(「6」)での新刊がオフセット印刷での「本」として発行できなかったのが大きかったです(CD-ROMとしては発行)。コミケとしては2009年夏コミ(C76)から続いていた、オフセット誌発行の記録が途切れる形となってしまいました。会場の都合で弊サークル含む一部ジャンルのサークルが前日搬入できなかったのも痛手で、アンケートでもそれに対する苦情も多かったようです。

その“無念(?)の”夏の反動なのか、秋に1冊(新宿本、「新宿の現在と未来」シリーズ・第1弾)、そしてこの冬は2冊(“5直 & Y”本)を出す結果となりました(笑)。来夏は当落かかわらず「本」を出せるようにしたいですね。

あとは、GW過ぎからメロンブックス様での弊サークル誌の委託も始まり、COMIC ZIN様、書泉グランデ様、アリスブックス様に加え、4社体制となりました。メロンブックス様では、最近はオリジナルコミック・イラスト集やマンガ・アニメ・ゲーム作品の二次創作に限らず、我々の様な文章中心の鉄道・旅行系や評論・情報系にも門戸を広げており、より一層衆目に晒すことでサークル主としても中途半端なものは創れないという責任感も感じるようになってきております。また、11月には「デイリーポータルZ」にも弊サークルが紹介されております。

【関連記事】
 http://yume-miru-mogura.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/z-0bd4.html
 http://portal.nifty.com/kiji/161107197995_1.htm
 「情報系同人誌即売会に行けば面白い本が必ず見つかる」

最後に、来年・2017年には「夢見ル土竜」がサークル初参加してから15周年を迎えます。弊サークル誌の「TEAM Y & F LINE」シリーズや今秋から始動した「新宿の現在と未来」シリーズの源流となった、有明・ビッグサイトへの公共交通アクセスガイド『ありあけへのみち』シリーズ(しばらくご無沙汰ですが…)の特別編を発行し、2002年夏(TWRりんかい線全線開業前時代)当時のビッグサイアクセスの公共交通事情を振り返っていきたいかと考えております。2012年夏の「10周年記念誌」の様な大々的なゲスト寄稿は行いませんが、何人か友人にお声掛けして「2002年夏の有明アクセス」をテーマとしたエッセイやイラストを募集していく構想を練っております。

来年・2017年も「夢見ル土竜」へのご支援・ご贔屓の程宜しくお願い致します。

それでは皆様、本年も残りわずかとなりましたが、よいお年をお迎え下さい。
I wish you a Happy New Year!

2016年12月31日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2016年7月 1日 (金)

【総合】【同人】2016年折り返し地点と夏コミサークル当選のお知らせ

本日は7月1日。本年もはや折り返し地点となり、後半戦に突入しようとしております。

前半は1月のスキーバス事故、4月の熊本・大分での大地震、6月は舛添東京都知事の電撃辞任と英国のEU離脱事実上決定と、相変わらず混沌とした世相であります。3月の北海道新幹線開業と4月の「バスタ新宿」(新宿駅高速バスターミナル)開業もありましたが、地震などの話題の陰に隠れてしまった感じがあります。

話題を小生・う~たんの方に移しますと、3月後半からの静岡県への出張は今月末まで続き、業務的にも佳境に入っている段階であります。来月(8月)旧盆に開催される、夏コミことコミックマーケット90の時期には、地元・東京に戻れる見込みであります。

あと、弊ブログでは申し遅れましたが、弊サークル「夢見ル土竜」は夏コミに当選し、【三日目・8月14日(日)、西地区よ-26a】に配置されました。

C90_color

今回の新刊は、先述しましたが「バスタ新宿」に関する私的研究本となる予定です。静岡出張のため取材や制作になかなか時間が取れず、漸く6月下旬から下書きのテキストを打ち始めた次第であります。

書店でも委託できるよう、オフセット誌で発行できるよう善処いたしますが、状況によってはコピー誌となる可能性もあることを予めご承知置き下さい。

また、今回のコミケは2020年東京五輪開催に伴う、ビッグサイト増築工事の影響で、前回(C89)と比べてレギュレーションが大きく変わっており、三日目は西ホールは西1・2と西3・4全て使用し、この日の企業ブースの展示は行わないこととなっております。

また、弊サークルが配置される西1・2ホールは二日目まで企業ブースとなっている関係で、前日夕方からの「前日搬入」が出来なくなっております。そのため、今回の搬入量はこれまでのコミケより半分程度に減らす方針としようかと考えております。こちらから持ち込む弊サークル誌は「C90新刊」「2016年GW発行誌」「C89発行誌」の3種類に絞る予定です。

夏コミについての詳しい情報は、後日弊ブログにてお知らせする予定です。


昨今の地球温暖化の影響でしょうか、本年夏は猛暑となると予報されております。くれぐれも体調管理には気を付けてお過ごし下さい。

2016年1月 1日 (金)

【総合】2016年 年初のご挨拶

まずは皆様、新年おめでとうございます。

昨年・2015年12月29日~31日の間に開催されたコミックマーケット89に参加された皆様、大変お疲れ様でした。ならびに30日は弊サークル「夢見ル土竜」スペースへお越しいただき、新刊等をお求めになった皆様には御礼申し上げます。

昨年は、鉄道界では大局的には「北陸新幹線」開業などの動きがありました。弊サークルで精力的に取材・制作を行っている、“5直 & Y”では、4月に「西武池袋線開業100周年(前身の武蔵野鉄道として開業)」がありました。 また、5月には東京有数のターミナル・池袋が属する豊島区の区役所も新庁舎に移転し、“ダサい街”からの脱皮が図られております。

“5直 & Y”沿線では、池袋の他にも、永田町の「東京ガーデンテラス紀尾井町」、新宿の「新宿ミライナタワー」「新宿交通結節点」(高速バスターミナルの集約)や、2020年東京五輪に向けたベイエリアをはじめ、各地で行われている再開発など着目すべき要素が盛り沢山です。

“5直 & Y”以外では、引き続き“聖地”有明・ビッグサイトを取り巻く公共交通網のアクセスガイドなどを制作致します。

※“5直 & Y”は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称。一般的には有楽町線を除外した「5直」(5社直通ネットワーク)と呼称

----------
次に、恒例の「サークルスローガン」についてのお知らせです。 昨年(2015年)は、

 『Be Creative, More ~ないものこそ、つくろう~』

で、一昨年・2014年から深化した形で『自分が創っているのは、本当に書きたい(描きたい)本なのか?』、と自問自答する機会を設けてみては、といった提案をさせていただきました。

本年・2016年は、以下のスローガンとさせていただきました。

 『Cool Down ~一旦、立ち止まり、考えよう。~』

一つの頂点に向かうにあたり、ついつい「猪突猛進」となり冷静さを失っていませんか?一旦冷ましてから次の段階へ進むことが大切なのではないか、と最近思えてきます。

また、昨今「流行りもの」ばかりが持て囃され、本当に自分が書きたい・描きたい・読みたいものに出会える機会が失われてきていませんか?

弊サークル・「夢見ル土竜」では、本年は「冷却期間」を設けて、更にその先のプランを立てていこうかと考えております。

本年は「コミックマーケット」以外のイベントへの参加は出来るだけ控え、次へ向けた「冷却期間」を設ける方針です。余ったリソースを活用して「地盤を固める」作業をしていきたいかと思っております。

----------
最後になりましたが、本年も弊サークルへのご愛顧ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2016年1月1日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2015年12月31日 (木)

【総合】【同人】【鉄道】C89お疲れ様でした、ならびに2015年締めのご挨拶

本日は12月31日。2015年の「大晦日」です。

12月29日(火)から本日31日(木)の三日間、“同人誌即売会の有馬記念”(う~たん個人的解釈)こと、「コミックマーケット89」(冬コミ)が開催、弊サークル「夢見ル土竜」も二日目の30日にサークル参加致しました。

新刊として、冬恒例の“5直 & Y”考察本・『有楽町線・副都心線と直通路線の非公式データブック・2015』(「TEAM Y & F LINE」シリーズ・第8弾)を発行し、多くの方々のお手に取っていただきました。

弊サークルスペースを始め、委託して頂いた友人サークルの「みゆる~む」様(一日目)と「横浜新聞研究所」様(三日目)にお立ち寄り頂いた参加者の皆様や、売り子さんや設営・撤収を手伝って頂いたご友人各位、貴重なスペースを提供して下さった「みゆる~む」・伊月様と「横浜新聞研究所」・Jimmy様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

※「TEAM Y & F LINE」 及び “5直 & Y”は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称。一般的には有楽町線を除外した「5直」(5社直通ネットワーク)と呼称

昨冬発行した『東京三大副都心アクセス戦線異状あり・2014 ~“5直”スタートから1年余り、東京副都心へのヒトの流れに異変が!~』(同シリーズ第7弾)は当初発行部数を抑えめとしておりましたが、予想外の頒布数を記録し、急遽オフセット誌としては弊サークル史上初の「第2版」を発行する事態に至りました。そのことを踏まえ、今回の『有楽町線・副都心線と直通路線の非公式データブック・2015』は昨冬より発行部数を多めにして今回のコミケに臨みました。

なお、C89当日ご都合の付かなかった方々には、「COMIC ZIN」様(新宿・秋葉原での店頭、通販)、「書泉グランデ」様(神保町での店頭、通販)、「アリスブックス」様(通販のみ)での書店委託も行っておりますので、併せてご利用下さい。

※イベント頒布価格(\500)から委託手数料などを上乗せされた価格となることを予めご承知置き下さい

----------

話は変わり、本年を大局的に振り返ると、9月~10月にイングランドで開催された「ラグビーワールドカップ2015」で日本代表がW杯出場史上初の「3勝」という快挙を成し遂げ、世界からは“大番狂わせ”と称賛されるなど世間に勇気と希望を与えた出来事がありました。4年後の2019年にはラグビーW杯が日本で開催されることもあり、十分世間に知らしめたのかと思います。また、ノーベル賞でも日本人2人が受賞したことも忘れてはなりません。

一方、2019年のラグビーW杯・日本大会の翌年に開催される、2020年の東京五輪・パラリンピックの準備に関しては、本年は大きく躓いた感じがしてなりません。御存知の通り、「新・国立競技場」の設計見直し(白紙撤回)と公式エンブレムの“パクリ”問題です。これらに関しては、日本人の「マネジメント能力の低さ」や「デザインセンスの低さ」を露呈した事案であり、世界に恥ずべきものであると認めざるを得ません。「新・国立競技場」に関しては、先日24日に出直した形での設計案が決定し、ようやく一歩進んだ様相であります。一部では開催そのものを危ぶむ声が出ている中、会期に間に合うよう建設していかねばならなく、二度と失敗が許されないことは想像に難くありません。

また、秋には大型マンションの「施工不良」問題がニュースで報道されましたが、五輪特需で建設される各所での再開発物件でもこの様にならぬことを切に願っております。

更に、11月14日には仏・パリで死者100人を超える痛ましいテロ事件も起こりました。今後、来年の伊勢志摩サミットをはじめ、ラグビーW杯や五輪・パラリンピックなど世界的なイベントを控える日本でも充分起こり得るものだと認識せねばならなくなることは火を見るより明らかなことでしょう。

鉄道界では、マクロ的には3月に「北陸新幹線」と「上野東京ライン」の開業、“5直 & Y”(東京メトロ有楽町線・副都心線と相互直通路線群)に関しては、4月15日の西武池袋線開業100周年、5月7日の豊島区役所新庁舎オープン(いわゆる“クヤクション”)などの出来事がありました。

来年・2016年は、3月26日の副都心線を中心としたダイヤ改正(副都心線急行・東急東横線特急など、速達性の高い列車に「Fライナー」の愛称付与、平日日中時間帯の急行も明治神宮前駅を停車駅に追加など)、再開発物件としては夏の「東京ガーデンテラス紀尾井町」(永田町)の街開きや「新宿ミライナタワー」オープンと「新宿交通結節点」開設(高速バスターミナルの集約)、11月7日の「豊洲市場」開場などが控えております。東京ベイエリア、池袋、渋谷などの再開発や、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた各事業者の取り組みにも随時ウォッチしていき、可能な限り記録していく姿勢で臨む次第であります。


それでは皆様、本年も残りわずかとなりましたが、よいお年をお迎え下さい。来年こそは「安心」して一年を過ごせますよう…。

2015年12月31日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2015年7月 1日 (水)

【総合】2015年半ばのご挨拶

本年・2015年も早いところ後半を迎えました。
これから気温も上がり、蒸し暑い季節を迎えるかと思います。

来月8月14日(金)~16日(日)に開催される、夏コミこと「コミックマーケット88」へ向け、弊サークル「夢見ル土竜」では現在新刊の制作を鋭意進めております。

夏コミでのスペース番号は、【一日目(8/14)・東ヤ-14b】です。

本年後半も、う~たん ならびに 「夢見ル土竜」へのご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


2015年7月1日 夢見ル土竜代表・う~たん拝

2015年1月 1日 (木)

【総合】2015年 年初のご挨拶

まずは皆様、新年おめでとうございます。

昨年・2014年12月28日~30日の間に開催された「コミックマーケット87」に参加された皆様、大変お疲れ様でした。ならびに28日は弊サークル「夢見ル土竜」スペースへお越しいただき、新刊等をお求めになった皆様には御礼申し上げます。

昨年は、4月1日の消費税増税に伴う運賃改定などの動きがありました。弊サークルで精力的に取材・制作を行っている、「TEAM Y & F LINE」(5直)では、「東京メトロ発足10周年」や「東武東上線開業100周年(前身の東上鉄道として開業)」と言った節目となる出来事がありました。

本年・2015年は、う~たんの日常の足でもある西武池袋線が、4月15日に前身の「武蔵野鉄道」として開業してから100周年を迎えます。これに合わせ、ターミナルの池袋駅では現在装いを改める工事を行い、同時に周辺の再開発も着々と進めている様相であります。また、5月7日には池袋が属する豊島区の区役所も新庁舎に移転、“ダサい街”からの脱皮が図られております。

「TEAM Y & F LINE」(5直)沿線では、池袋の他にも、永田町の「紀尾井町プロジェクト」や2020年東京五輪に向けたベイエリアなどの諸々の整備など着目すべき要素が盛り沢山です。

「TEAM Y & F LINE」以外では、引き続き“聖地”有明・ビッグサイトを取り巻く公共交通網や、東京以外の都市への旅行記などを制作致します。3月28日~29日に千葉・幕張メッセにて開催される「コミケットスペシャル6 OTAKU SUMMIT 2015」(サークル参加申込済)では、当選した場合、昨年GWに人生で初めての海外旅行となった台湾への旅行記を発行する予定です。

※「TEAM Y & F LINE」は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う〜たん独自に命名した非公式総称。一般的には「5直」(5社直通ネットワーク)と呼称


----------
次に、恒例の「サークルスローガン」についてのお知らせです。 昨年(2014年)は、

 『Be Creative ~ないものは、つくろう~』

で、『自分が創っているのは、本当に書きたい(描きたい)本なのか?』、と自問自答する機会を設けてみては、といった提案をさせていただきました。

本年は、昨年スローガンからのより一層の深化を図る形とし、「メイン」と「サブ」の構成で制定させていただきました。

【メイン】
 『Be Creative, More ~ないものこそ、つくろう~』

2015__01


 【サブ】
 『Fly to Your Favorites ~巻かれるな、流されるな、飛び立て~』

2015__02

メインの制定理由は、同人界としてはごくごく当たり前のものではありますが、昨今流行りモノがもてはやされる風潮で、本当に創り手にとって書きたいモノ・描きたいモノを探し出す機会が失われてきているように感じております。

同人とは、本来「世にないモノを創り、読み手のココロを打つもの」を共有することであるかと、う~たんは思います。 サブの方は、「貴方のまだ知らない世界へ飛び立ち、新しいことへの挑戦をはじめませんか?」と訴求したかったからであります。
同人誌、 特に創作系や評論・情報系ジャンルは「他にないものを我々で創り出す」ことが他のジャンルと比べて大きいかと思います。弊サークルは鉄道系ではありますが、既成の作品を伴わない意味では広義の創作系や評論系に属していると自負しております(創作・文芸・評論オンリーのCOMITIAや文学フリマにもサークル参加)。

昨年同時期も同じ事を申し上げましたが、流行のジャンルを追い求めるのも大いに結構です。ですが、特に創り手の皆様には一度『自分が創っているのは、本当に書きたい(描きたい)本なのか?』、と自問自答する機会を設けるのもあり、かと思います。
ここ数年は「ジャンルの鮮度」が短くなっている気がします(特に男性向)。個人的には、男女問わず長く愛されるジャンルが出現するのを望むところです。


総合公共交通研究(?)サークル・「夢見ル土竜」は、2015年も「長いものに巻かれず、周囲に流されず、好みの分野を追い求め、我が道を行く」方針で活動に取り組んでいきます。どんな状況であろうと、ジャンルを曲げず、愚直に。

2015__03


----------
最後になりましたが、本年も弊サークルへのご愛顧ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2015年1月1日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2014年12月31日 (水)

【総合】【同人】【鉄道】C87お疲れ様でした、ならびに2014年締めのご挨拶

本日は12月31日。2014年の「大晦日」です。

先日12月28日(日)~30日(火)の三日間、“同人誌即売会の有馬記念”(う~たん個人的解釈)こと、「コミックマーケット87」(冬コミ)が開催、弊サークル「夢見ル土竜」も一日目の28日にサークル参加致しました。

Img_20141228_100251969

Img_20141230_163057762
新刊として『東京三大副都心アクセス戦線異状あり・2014 ~“5直”スタートから1年余り、東京副都心へのヒトの流れに異変が!~』(「TEAM Y & F LINE」シリーズ・第7弾)を発行し、予測を超える結果の頒布数となりました。

C87fline7__s

弊サークルスペースを始め、委託して頂いた友人サークルの「みゆる~む」様(二日目)と「横浜新聞研究所」様(三日目)にお立ち寄り頂いた参加者の皆様や、売り子さんを手伝って頂いた「西東京電鐵」の豊田電車区様、貴重なスペースを提供して下さった伊月様とJimmy様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

※「TEAM Y & F LINE」は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称。一般的には「5直」(5社直通ネットワーク)と呼称

当初は、昨年(2013年)3月の「東京メトロ副都心線と東急東横線との相互直通運転開始」後の“特需”も収まったことと、2014年4月1日の消費税増税後の経済情勢を鑑みたことで、昨年同時期に発行したシリーズ第6弾『Express for The Future ~未来(あす)への列車~』より若干発行部数を抑えて当日に臨みましたが、結果的には先述の通りとなりました。

なお、C87当日ご都合の付かなかった方々には、COMIC ZIN」様(新宿・秋葉原)、及び「書泉グランデ」様(神保町)での書店委託も来月(2015年1月)上旬より行う予定ですので、併せてご利用下さい。

※イベント頒布価格(\400)から委託手数料などを上乗せされた価格となることを予めご承知おき下さい

----------

話は変わり、本年は4月1日の消費税率変更(5%から8%へ増税)を始め、2月のソチ五輪、4月の「Windows XP」サポート終了、6月~7月のサッカーW杯・ブラジル大会、相次ぐ自然災害、デング熱やエボラ出血熱などの騒動など様々な出来事がありました。消費税増税に関しては懸念されていた通り、「駆け込み需要に対する反動減」が当初の予想を超える状況で、GDPは4~6月と7~9月で2四半期連続のマイナス成長となり、景気悪化が如実に現れてくるようになってきました。その影響で衆議院解散、年末の慌ただしい時期に総選挙を行うざまでもありました。今後は諸情勢を吟味した上で税制改正を行っていただきたいこと、と政府に望む次第です。

同人活動に関しては、小生・う~たんが精力的に取材を行っている「TEAM Y & F LINE」(5直)で、以下の節目となる出来事がありました。

 2月1日…みなとみらい線開業10周年
 4月1日…東京メトロ発足10周年
 4月23日…西武ホールディングス 東証一部株式上場
 5月1日…東武東上線開業100周年(東上鉄道)
 10月30日…東京メトロ有楽町線・第一期区間(池袋駅~銀座一丁目駅間)開業40周年


来年・2015年は、マクロ的には3月の「北陸新幹線」金沢延伸開業や「上野東京ライン」運行開始がクローズアップされますが、「TEAM Y & F LINE」(5直)では、4月15日の「西武池袋線開業100周年(武蔵野鉄道)」を始め、大なり小なり様々な出来事が起きてくるのかと予想されます。池袋駅再開発や「紀尾井町プロジェクト」(永田町)、そして2020年の東京五輪に向けた各事業者の取り組みにも随時ウォッチしていき、可能な限り記録していく姿勢で取り組む次第であります。


また、本年は個人的な出来事としては4月下旬~5月上旬のGWで、人生初の海外旅行として台湾へ足を運びました。文化的に日本統治時代もあったことから日本と似ているところ、逆に日本とは異なるところなどを現地にて肌で感じることが出来、有意義な時間を過ごすことが出来ました。来たる2015年3月28日~29日に千葉・幕張メッセで開催される「コミケットスペシャル6 OTAKU SUMMIT 2015」では、弊サークルが当選した場合、「国際交流」の趣旨に則り、本年GWの台湾旅行記を制作・発行する予定であります。旅行に関する一部始終は発行誌にて綴りますので、ご期待の程を。

【「コミケットスペシャル6 OTAKU SUMMIT 2015」公式サイト】
http://cmksp.jp/cs6/

最後に、本年は「ゴーストライター」「エセ研究員」「号泣会見議員」が世間を騒がせましたが、来年・2015年こそ「ウソ・偽り」のないクリアな一年でありますよう。

それでは皆様、本年も残りわずかとなりましたが、よいお年をお迎え下さい。

2014年12月31日
「夢見ル土竜」代表・う~たん

2014年4月 5日 (土)

【同人】2014年・サークル参加計画(2014春・見直し版)

※3/9更新、参加予定イベント追加、2/2 「COMITIA107」と3/9 「本の杜5」終了に伴うグレーアウト化
※3/27更新、5/5「COMITIA108」当選に伴うサークルスペース番号記載
※3/30更新、5/6「レールの窓口&バスけっと」当選に伴うサークルスペース番号記載
※4/4更新、サークル参加予定イベント見直しにより、本記事を投稿。一部参加予定イベントを削除
※5/16更新、5/5「COMITIA108」と5/6「レールの窓口&バスけっと」終了に伴うグレーアウト化、9/21「名物!てつっこ友の会」追加
※6/7更新、6/15富山「コミックわんだーらんど4」本人不参加についての記述追加、8/15「コミックマーケット86・一日目」当選に伴うスペース番号追加、「Webカタログ」等のリンク追加
※7/21更新、6/14山梨市「第6回 メイプルフェスティバル」と6/15
富山「コミックわんだーらんど4」終了に伴うグレーアウト化、12月下旬「コミックマーケット87」日程決定に伴う記述変更
※7/22更新、8/31「COMITIA109」当選に伴うサークルスペース番号記載、11/23・11/24「COMITIA110」「第十九回 文学フリマ」日程修正

本年1月4日に公開した、弊サークル「夢見ル土竜」の2014年の同人イベントへのサークル参加計画から、諸情勢を踏まえた見直しを行いました。
※直接参加イベントのみ

※今後、サークル抽選の当落や、諸情勢等により、下記のイベントに全て参加できるとは限りません

【1】※イベント終了
2月2日(日)
COMITIA107@ビッグサイト【当選・T04a】
http://www.comitia.co.jp/


本年最初のサークル参加は、節分前日の2月2日となります。

昨年(2013年)年末の冬コミ(C85)発行の「TEAM Y & F LINE」シリーズ・第6弾・『Express for The Future 未来(あす)への列車』や、これまでの既刊の再販を行います。

なお、「Y & F」第6弾は、「136ページ+補足ペーパー16ページ」という同シリーズ史上最大のボリュームとなりましたが、実はページ数の都合上、載せられなかったネタがあったりしました。

そこで、この「COMITIA107」で、未公開記事やトリビア等を載せた“続編”第6.1弾として、『Express for The Future 未来(あす)への列車 ~後続列車~』を発行することが決定しました。


【2】※イベント終了
3月9日(日)
本の杜5@川崎市産業振興会館【当選・B-21】
http://ivent-hon-no-mori.com/

創作・文章系オンリー即売会で、同イベントへは初参加の予定となります。

【3】※イベント終了
5月5日(月・祝)
COMITIA108@ビッグサイト【当選・F37a】
http://www.comitia.co.jp/

GWは、コミケこそありませんが、オールジャンルイベント等大規模イベントが幾つか開催され、その中でも創作系オンリーイベントの雄・「COMITIA」(年4回開催)も、この5月開催回は「拡大開催」となっております。

新刊は本来は昨年(2013年)秋に発行する予定だった、小生・う~たんの同人遠征&聖地巡礼記『ニシエキタエ』シリーズ・第3弾を予定しております。

なお、GW恒例のビッグサイトへの公共交通アクセスガイド『ありあけへのみちR』シリーズの最新版は、当初このイベントにて発行する予定でしたが、制作スケジュールの都合上、延期させていただくこととなりました。夏コミの間までには発行したいと検討しております。媒体はCD-ROM、またはダウンロード版となる予定です。

本年春のダイヤ改正は勿論のこと、4月1日の消費税増税に伴い、同日より順次実施された運賃改定にも対応していく次第です。

【4】※イベント終了
5月6日(火・祝)
レールの窓口&バスけっと@川崎市産業振興会館【当選・下段27】
http://www.blue-st.net/tetsu/


昨年の「鉄娘シリーズ」の臨時回「鉄娘リレー号」に続き、本年も秋の通常回の間に入る形での臨時回を開催することとなりました。基本的には前日のCOMITIA108で発行したものと同じものとなります。

【5】※イベント終了
6月14日(土)
第6回 メイプルフェスティバル@街の駅やまなし(山梨市地域交流センター)
【当選・スペースは当日現地で発表】
http://www.sedoriya.com/maplefestival/

この時期には夏コミの当落が決まり、参加告知できる態勢となります。

【6】※イベント終了
6月15日(日)
コミックわんだーらんど4@富山市民プラザ【当選・B-13・14】
http://muu.in/cmk/

前日の山梨市「メイプルフェスティバル」からの連戦となる予定です。山梨→富山へは直行の予定です。
→申し訳ありませんが、代表・う~たん本人の都合により、富山に出向くことが出来なくなってしまいました。スペースは確保してありますので、当日は友人による代理での切り盛りとなります。

【7】【更新】
8月15日(金)
コミックマーケット86・一日目@ビッグサイト

【当選・西し-23b】
http://www.comiket.co.jp/

夏の天王山・夏コミこと「コミックマーケット86」での、鉄道・旅行・メカミリ(ジャンルコード:630)の配置日は、三日目でも二日目でもなく何と一日目となっております。

C86では、昨年初夏頃から爆発的にヒットしたブラウザゲーム『艦隊これくしょん(略称:艦これ)』が早くも独立ジャンルとなっていることが特筆されます。

なお、この回では本年4月の消費税増税(旧税率5%→新税率8%)に伴い、サークル参加費やカタログ代等が値上げされることとなります。

新刊に関しては、「ありあけ」(ビッグサイト(東京・有明)周辺を走る、TWRりんかい線、ゆりかもめ、都営バス等の公共交通)と、「TEAM Y & F LINE」(5直:東京メトロ有楽町線・副都心線をはじめとする5社による相互直通路線群)における、「消費税増税による運賃改定における考察本」を発行致します。

【2014年7月19日の記事】
http://yume-miru-mogura.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/c86-4ecd.html

【Webカタログ】
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11301437

【twitcmap】
http://twitcmap.jp/?id=0086-1-SIh-23-b

【8】
8月31日(日)
COMITIA109@ビッグサイト

【当選・W14a】
http://www.comitia.co.jp/

夏コミの2週間後の8月最終日に開催されます。夏コミに発行する新刊の再販を中心に行う予定です。

【9】
9月20日(土)
本の杜6@川崎市産業振興会館【直接参加申込予定】

http://ivent-hon-no-mori.com/

創作・文章系オンリー即売会で、次回の「6」は「土曜開催」となります。

【10】
9月21日(日)
名物!てつっこ友の会@川崎市産業振興会館【直接参加申込予定】

http://www.blue-st.net/tetsu/

秋恒例の「鉄娘シリーズ」が、いつもの川崎市産業振興会館にて開催されます。

【11】
9月28日(日)
BOOK RADiANCE(ぶっく れでぃあんす)@金沢・ITビジネスプラザ武蔵【直接参加申込予定】

http://hokuriku.dojin.com/book-only/

北陸・金沢で新しい形の同人誌即売会が開催されることが、本年3月に発表されました。
2012年10月の「北陸本専6.5」以来、約2年弱振りの金沢の同会場でのイベント参加となる予定です。
※「北陸本専」の事実上の後継イベントの様です

【12】
11月23日(日)
COMITIA110@ビッグサイト【直接参加申込予定】

http://www.comitia.co.jp/

創作系オンリーイベントの雄・「COMITIA」(年4回開催)ですが、本年は5月開催回に加え、この秋の開催回もビッグサイト3ホール使用の「拡大開催」となる予定です。

このイベント合わせの新刊として、『ニシエキタエ4』を発行する予定です。

【13】
11月24日(月・振休)【直接参加申込予定】
第十九回 文学フリマ@TRC東京流通センター

http://bunfree.net/

この秋の「文フリ」の開催も決定しております。
前日の「COMITIA110」からの連戦態勢となる予定です。

【14】【更新】
12月28日(日)~30日(火)・配置日程未定【直接参加申込予定】
コミックマーケット87@ビッグサイト

http://www.comiket.co.jp/

この年を締め括るイベントと言えばやはり冬コミ!

本年は昨年と同じく三日間開催キープか、2005年のC69以来の二日間開催に縮小されるかは、本年夏コミのカタログ(7月中旬発売予定)で発表されることとなります。

本年の冬コミは12月28日~30日の三日間で、大晦日開催は6年ぶり(2008年冬コミ以来)に「回避」となりました。

冬コミでは、恒例の「TEAM Y & F LINE」シリーズ・整数バージョン(第7弾)を制作する予定ですが、これとは別に、5年に1度開催される「コミケットスペシャル」として「コミケットスペシャル6 ~OTAKUサミット2015~」が2015年3月28日と29日の2日間、千葉の幕張メッセで開催することが決定していることで、『ありあけへのみち』を手掛ける弊サークルの矜持として『まくはりへのみち(仮称)』も制作する構想を練っております。

【「コミケットスペシャル6 ~OTAKUサミット2015~」公式サイト】
http://www.comiket.co.jp/info-a/CS6/CS6announcementJPN.htm

----------------------------------------

以上となります。

本年も、都内近郊ではコミケと鉄道・旅行系オンリー以外は、基本的には創作系か評論・情報系イベント(COMITIAや文学フリマなど)に絞る方針です。

東京以外の都市では、オールジャンル系など参加可能なイベントに申し込んでいく方針です。

2014年4月 1日 (火)

【総合】【鉄道】 An Unhappy(?) New Fiscal Year 2014

※「Fiscal Year」とは、「会計年度」の意味

本日4月1日は2014年度の初日、新入社員や新入生が新しいスタートを切る節目の日、世間一般では「エイプリルフール」で、この日だけ許されるジョークが飛び交っていたことでしょう。

本年はこれだけではなく、間接税である消費税が昨日(3月31日)までの5%から8%に引き上げられ、あらゆる商品や料金等が挙って値上げされました。実質約2.857%の支出が増えることとなり、収入が増えない限りは「負担増」となっていき、消費者の財布のヒモが固くなり、再び消費低迷や節約志向や「巣ごもり現象」が強まっていくものではないかと、懸念されております。

弊サークル「夢見ル土竜」の趣味分野である「鉄道・バス」等の公共交通機関でも、殆どの事業者が例外なく値上げされております。事業者独自の自発的な運賃改定を除けば、1997年4月1日の消費税3%→5%への改定以来17年ぶりとなります。
(都営地下鉄はシステム改修の遅れなどの理由から、6月1日に改定)

【参考記事・2014年3月24日】
【同人】4月1日の消費税率改定に伴う弊サークル誌頒布・販売価格の変更について
http://yume-miru-mogura.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/41-1277.html



首都圏では「Suica」や「PASMO」等のICカード乗車券普及率が高いことから、今回の運賃改定では「10円単位のきっぷ(紙の乗車券)運賃」と「1円単位のICカード乗車券運賃」の二重運賃が適用され、利用者への混乱を招きそうです。

なお、定期券や回数券に関しては改定前まで購入すれば、乗車日が改定後の本日以降でも旧運賃が適用されるとのことで、昨日は「1円でも安く」という思いを持った人々が定期券売場や自動券売機にて長蛇の列を成しておりました。

で、本日は偶々本業で休暇を取れたので、地元の西武池袋線など「TEAM Y & F LINE」※関連の「運賃改定」に関する取材をしていきました。

※「TEAM Y & F LINE」は、東京メトロ有楽町線・副都心線と同線に相互直通する東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線、同狭山線含む)、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線をまとめた、筆者・う~たん独自に命名した非公式総称です

【改定後の券売機上に掲示してある運賃表(コルトン)】
1.西武池袋線(池袋駅)

Dsc_0736s

池袋線のターミナル・池袋駅では、これまでは現在のCI制定前のデザインでしたが、ようやく今回の運賃改定を機に新しいものに交換されました。写真では見辛いかと思いますが、各駅には「駅ナンバリング」(西武池袋線…SI)が加わっております。日本語以外の外国語表記はこれまで通り英語のみとなっております。
「きっぷ・ICカード運賃運賃対照表」は運賃表の左下に表記されておりますが、小柄な方々やお年寄りの方々には見辛いためか、券売機横にも数か所かは掲示されております。

【主な区間の運賃】
池袋~所沢…旧・330円 → 新・340円(きっぷ・ICカード)

2.東武東上線(池袋駅)
Dsc_0738s

同じ池袋をターミナルとし、西武池袋線と対を成す東武東上線の池袋駅の運賃表は上記の写真の通りとなっております。坂戸駅での越生線との分岐の関係でデザイン上の都合かもしれませんが、ムダな空白スペースが多いように見受けられます。もう少し文字・数字を大きくしてもらった方が親切なのか、と感じました。日本語以外の外国語表記は英語のみとなっております。
「きっぷ・ICカード運賃運賃対照表」は左側に表記されておりますが、細長い形となっておりやや見辛い印象を受けます。

【主な区間の運賃】
池袋~川越…旧・450円 → 新・470円(きっぷ)/463円(ICカード)

3.東京メトロ(新宿三丁目駅)
3-1.メトロ自社線

Dsc_0745s

本日で「創立10周年」(営団地下鉄からの承継)を迎えた東京メトロ。「TEAM Y & F LINE」の“核”となる副都心線・新宿三丁目駅の新・運賃表です。
メトロ9路線の各駅の運賃が限られたスペースに所狭しと表記されております。副駅名を持つ「明治神宮前」と「押上」は、この運賃表には“〈原宿〉”や“〈スカイツリー前〉”は載っていませんでした。日本語以外の外国語表記はこれまで通り英語のみとなっており、“お”や“う”を表す長音記号(マクロン)は省略されております(例:東京[とうきょう]→“Tokyo”)。

昨年(2013年)3月16日に相互直通運転開始された副都心線と東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線についても、当然のことではありますが、本運賃表に反映された形となっております。
(旧バージョンの運賃表は、当該部分は廃止された日比谷線⇔東急東横線直通の部分を置き換える形での継ぎ接ぎ)

「きっぷ・ICカード運賃運賃対照表」は右下に表記されております。

【主な区間の運賃】
新宿三丁目~池袋…旧・160円 → 新・170円(きっぷ)/165円(ICカード)
新宿三丁目~銀座…旧・190円 → 新・200円(きっぷ)/195円(ICカード)

3-2.メトロ→都営線連絡乗車券
Dsc_0743s

こちらは東京メトロから都営地下鉄への連絡乗車券の運賃表となっております。
今回の運賃改定はメトロのみで都営の方は6月1日となることから、小生の予想では「6月1日以降の運賃を隠す形で、各駅の運賃額部分をシールで暫定的に目隠しするのか」と予想しておりましたが、写真を見る限り「6月1日の都営線改正に備えた暫定措置」的な要素は見られませんでした。この運賃は、6月1日には都営線で改定されるため、前日5月31日までの2か月限定となるものかと思われます。

ちなみに、昨年(2013年)3月16日に「メトロと都営のサービス一体化」の一環で乗り換え絵連絡駅指定に追加された、日比谷線・秋葉原駅と都営新宿線・岩本町駅も「つながった」形で表記されております。

「きっぷ・ICカード運賃運賃対照表」は右下に表記されております。下記はその部分を拡大した写真です。
Dsc_0743ts

注目していただきたいのは、「340円」「380円」「410円」のところです。これらではICカードの場合、2つの運賃パターンが生じております。これは同じ連絡運賃でもメトロと都営の合算元となる運賃が異なることから生じるものとなっております。

【都営地下鉄線連絡特殊割引普通旅客運賃】
実際に乗車する経路を問わず、東京メトロ線発駅から都営地下鉄線着駅までの最安となる運賃から70円を割引きします。
http://www.tokyometro.jp/ticket/types/connection/index.html (引用元)

なぜ、今回「340円」でもICカードだと「335円」と「337円」とで異なるのかは、以下の計算で明らかになります。

【きっぷ】
A.メトロ200円+都営210円-70円=340円
B.メトロ240円+都営170円-70円=340円

【ICカード】
A.メトロ195円+都営210円-70円=335円
B.メトロ237円+都営170円-70円=337円

都営地下鉄では本日時点では現行運賃のままで「きっぷもICカードも運賃同額」であることから、メトロの運賃区分によって差が生じることとなります。

なお、6月1日以降は都営地下鉄でも運賃改定で「二重運賃」となることから、この「340円(6月1日以降は350円)」については、パターンが分かれる現象は解消されることとなります。
(他の金額に関しては後ほど精査しようかと思っております)

【きっぷ(6月1日以降)】
A.メトロ200円+都営220円-70円=350円
B.メトロ240円+都営180円-70円=350円

【ICカード(6月1日以降)】
A.メトロ195円+都営216円-70円=341円
B.メトロ237円+都営174円-70円=341円

4.都営地下鉄(練馬駅)
4-1.都営自局線

Dsc_0730s

「TEAM Y & F LINE」とは直接関係ありませんが、比較検討のために都営地下鉄についても取材してきました。
都営地下鉄は2か月遅れの6月1日改定となるため、今回は運賃表の更新は行われませんでした。路線名と駅名ともに英語表記がなく、シンプルなものとなっておりますが、6月改定の更新時ではどのようになってくるのかはわかりません。

4-2.都営→メトロ線連絡乗車券
Dsc_0731s

こちらは、メトロ線側の運賃改定に伴って更新となりました。右下には「きっぷ・ICカード運賃運賃対照表」が表記されております。下記はその部分を拡大した写真です。
Dsc_0731ts
「3-2」のメトロと同じく、きっぷ運賃の「340円」「380円」「410円」でICカードの場合、2つの運賃パターンが生じておりますが、高い方には大人運賃の金額の下に「赤い二重下線」が表記されております。これはメトロの運賃表では見られないもので、利用者によっては「メトロと都営とのサービス格差がここにも」とも受け取られかねないことでしょう。

また、右下の「#(いげた、シャープ)」(4-1と4-2の写真共)は何の意味を示すものなのでしょうか気になるところであります。
(恐らく、4月1日~5月31日の暫定措置を意味するものかと個人的には予想しております)

なお、東急東横線(渋谷駅)の新・運賃表に関しましては、今回取材では撮影を失念してしまいましたので、近日の記事にて掲載させていただきます。

--------------------
長々と、趣味丸出しのネタを振りまきましたが、最後はマジメな一言で、本記事の締めとさせていただきます。

2014年4月1日。冒頭でも申し上げた通り、新年度であらゆる物事のスタートとなるこの日。
今回は「消費税増税」という一大ムーブメントがありましたが、これが今後あらゆるマイナスの効果をもたらす、この国の「終わりの始まり」となることの無きよう願っていくばかりです。

もし現状の政策に不満があるのならば、選挙に投票するなどして積極的に政治参加すべきものであるかと思います。

無料ブログはココログ

DLsite.com

  • タイトル:ニシエキタエ ~う~たんの同人遠征記~/ニシエキタエ2 ~う~たんの同人遠征記2010~2011~(ダウンロード用再録版)
    ニシエキタエ ~う~たんの同人遠征記~/ニシエキタエ2 ~う~たんの同人遠征記2010~2011~(ダウンロード用再録版) DLsite.com直リンク

Twitter

他のアカウント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30